また旭川市はやってくれる。マイクロソフトが旭川市を「Webデザインの街」にするそうだ・・・。

10月14日。

マイクロソフト、旭川市、旭川ICT協議会の提携が発表されました。

「Webデザインの街・旭川」目指すそうです。

あ~あ。

旭川リサーチセンター内にマイクロソフトイノベーションセンターを作るらしいです。

写真を見る限りは、長机を並べてWindouwsPCを並べている様にしか見えません。

まあ、それはいいでしょう。

 

とにかく、旭川のような地方都市が、世界的な大企業と関わり新しい取り組みを行おうという事は大変喜ばしいです。

 

しかし、Web屋の立場から見るとチョット気になる部分がいくつかあるのです。

 
 
 
 
 
 
 
 

何故、旭川を対象にするのか?

企業のイメージアップ戦略でしょうか。

対外的な取り組みは殆んど旭山動物園がらみ。

旭山動物園関連のサイトのトラフィックは連日相当のものです。

それなのに、旭山動物園を筆頭に旭川市関連のWebはお粗末な物ばかり。

地元業者に対しては、カッチカチなのに外からは相変わらずユルユル。

旭川市はIT技術者育成や、外からのビジネスに期待しているようですがどれだけ効果のあるものか。

畑を耕すだけで、誰かが種を蒔いてくれるのを待つというのでしょうか。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

MSがちらつかせるSilverlightを旭川市側の人間は誰もどんな物だか理解していないかもしれない。

もちろん、そうじゃない事を願いますが。

もしそうなら、チョット心配です。

さて、そのSilverlightという代物。

主に、Javascriptなどのプログラム言語をベースにしたWebアプリケーションツール。

ブラウザを通して動的コンテンツを生成するので、業界ではFlashとの競合製品と言われている。

MSではそれを嫌い、すでに広く普及しているFlashと対抗しているわけではないと言っている。

一部では業務アプリケーション向けという話もあるが、すでに企業ではサーバーベースのアプリケーションは成熟しており、さらにSilverlightが吐き出すような動的なコンテンツが求められているとは思えません。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

ITイコールWebデザインではない!

IT技術者を育成したところでその事がWebデザインにつながるでしょうか。

Webは、情報媒体であり広告媒体です。

Web業界は、広告・マーケティング業界が主であり、メディア業界が侵入しかけている所です。

動的なプログラムが今後どう絡もうと、それが主になる事はありえません。同じ機能を実現するなら背後で何が機能しようと関係はありません。

相変わらず、旭川にはWebに精通したブレインがいないようです。

せめて、Webデザインという言葉を使わなければ、ココまで噛みつく事もないのですが、Webアプリぐらいにしとけばいいものを。

まあ、ADA(旭川デザイン協議会)が絡んでいる事がせめてもの救いでしょうか。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

現状を理解していないようで。

市内の専門学校や大学でMS技術習得のカリキュラムを増やし、雇用拡大や道外からのIT関連ビジネスの獲得の土壌をつくろうという事ですが、それで使い物になる人材は育つのでしょうか。

今後どれほど、その技術が必要とされるのでしょうか。

Web屋としては、プログラマーなら、C、PHP、SQL、ActionScript、JavaScriptあたりを、コーダーなら、CSS、XHTMLあたりを、デザイナーやディレクターなら広告マーケティング、インフォメーションアーキテクト、ユニバーサルデザインあたりをみっちりやって欲しい。

色んな技術を学んだところで、その辺のパソコンに詳しい人以上にはなれないでしょう。

マイクロソフトの言う事が正しいなら、基礎がしっかりしていれば使いこなせるはずなのです。

 
 
 
 
 
 
 
 

もともと、ITにしても、WEBにしても業界人は地方の格差などそれほど感じておらず、東京の仕事やメーカーの仕事を下請けでしている人は沢山います。

だから、インドや中国の安価なIT技術者が伸びる訳で。

地方都市の旭川がいくら頑張ったところで、アドバンテージは言葉が通じることぐらい。

それにしたって、北大を絡めて早くから取り組んでいるサッポロバレーや札幌テクノパークよりうまく出来るとは思えない。

すでに、札幌なんてアジア各国とITでつながろうとしているぐらいなのに。

 
 
 
 
 

新しい取り組みは結構ですが。

 
 
 
 
 

今回も、地元のWEB屋は蚊帳の外。

 
 
 
 
 
 

ホントにWEBの凄い仕事が来たとして、旭川に出来る会社なんてあったか~。

 
 
 
 
 
 

まあ、税金の無駄遣いなんてならない事を切に願います。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

したっけの。

世の中にはいろんな業者さんがいるのね。だから、仕事回ってくるんだけど。

先日たずねて行った、お客様。

今まで、他のところに頼んでいたのだけれど、新しくしたいという。

その、今までのホームページというのを見せて頂いたのだが、凄いページ。

ページによって、バラバラなデザイン。

随所に散りばめられた、変なフラッシュ。

何故か、一部簡単なテンプレートのMT。

 

そんな仕事でお金を取っている業者もいるようです。

金額を聞いてみるとかなりお安め。

 

まあ、お金を取ってしまえばプロなのかもしれません。

 
 

でも、パソコンが得意でソフトが使えるからってホームページが作れるっていうのは違うはず。

 
 

チラシのデザインを頼んで、いかにもワードで作りましたっていうのを出されたら、納得する人はいないはずです。

 
 

最低限の見た目をクリアーしてから、やっとスタート地点に立てるはず。

 
 

すくなくともそこから、この業者はどうなの?という話にならなければならない。

 
 
 
 
 

まだまだ、この業界は発展途上、成熟するにはまだ時間がかかりそうです。

 
 

それまでは、スピードスピードで仕事をこなさなきゃなと思うこの頃でした。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

今日は娘の誕生日。

 

娘の希望で回転寿司へ。

 

家族でたらふく食べたら、おっ、というような金額に。

 

どっか、レストランでも行ったほうがいいんじゃねーかと。

 

まあ、いいんですがね。

 
 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 
 
 
 

したっけの。

ブログの効用 企業ブログの在り方 内部システムと外部レンタルのどちらがいい?

今や、ホームページには無くてはならない存在になりつつあるブログ。

企業のホームページにとっても、顧客とのコミュニケーション手段として大変有効です。

ブログには、ホームページと同じサーバーにインストールするタイプと、外部のレンタルサービスのブログを利用する場合に分けられます。

ホームページを制作する際に、そのどちらを選ぶべきか迷う時があります。

 
 
 

見た目。

コストの問題。

SEO的にどちらが有利か。

コミュニケーション性は。

内容のバックアップ。

一長一短あり、ホームページの目的や初期コストから考えます。

 
 
 

例えば、無料のレンタルブログでも、

ブログ同士のコミュニケーションが取り易い。

アクセスが初めからそれなりに見込める。

検索サイトへの掲載が早い。

などの利点もあるのです。

 
 
 
 

内部システムを組むにしても、

ホームページとは全く違うデザインにする事でブログとしても親近感ををもたせる方向で考える事も出来ます。

逆に、ホームページと同じデザインでホームページの1コンテンツとして扱う事で、コンテンツの充実をねらう事もあるでしょう。

 
 
 

どういう風にブログを使うかによって、作り方は変わってくるのです。

 
 

もし、ホームページの制作業者がブログを薦めて来たら、「何故必要で、どんな内容にするのか?」を聞いてみましょう。

 
 

さて、どんな答えが返って来るでしょうか。

 
 

ひょっとしたら、システムにお金をかけるより、広告にお金をかけたほうがいいかもしれません。

 
 
 
 
 

WEB業者は色々います。

 
 
 
 

そのホームページ無駄にならないといいですね。

 
 
 
 
 

したっけの。

楽天

最近、回りにネットショップを運営している会社が増え、それと共に楽天ショップに関わる機会も増えてきました。

さすが、日本一のショッピングモール。

他社の売り上げ話が噂を呼び、出店に名乗りを上げる会社が多いようです。

しかし、全ての商材にフィットするわけではありません。

もちろん、楽天が成功への一番の近道。

でも、目の前の山は近く、坂は急だ。

ただ出店するだけでは、数万店の中に埋もれてしまうだけで逆効果でさえあるときも。

「楽天」

「ヤフーショップ」

「独自ドメイン」

「オークション」

一長一短。

計画は慎重に。

 
 
 
 
 

自分自身そろそろコンサルティングに対する姿勢を整える必要がありそうだ。

 
 
 
 
 

制作に力を注いでもこの土地ではブランド化に限界がある。

 
 
 
 
 

みとれよ。

 
 
 
 

したっけの。

ホームページ制作の価格

ホームページを作ったらイクラぐらい掛かるの?

こういった質問を受けることがよくあります。

そこで私は、普通の中小企業のホームページなら、5万~500万ぐらいですと答えます。

ココで中途半端な金額を言ってしまうと、見積になった時に、安く言い過ぎて実際の見積を伝えずらい事があった為です。かといって、高めに言っておくと見積もりさえ頼まれないなんて事もありえます。

それぐらい、ホームページの制作費用は内容によって左右されるのです。

しかも、非常に安価でやってしまう業者もあれば、簡単に桁の違う見積を出してくるところもあります。

それは何故でしょう。

ホームページというのは、簡単な物であれば知識さえあれば、誰でも解説する事が出来ます。そして、ホームページビルダーなどの安価なソフトや、WEB上でホームページをフリーで作れるサイトなどもあり非常に敷居の低い業界です。

しかし、反対に非常に専門性の高い要素が沢山ある事がホームページの価値に差を生みます。

デザインやコピーライティングなどのクリエイティブな事、プログラム・アニメーション・ビデオなどの専門性の高い分野、SEOやコンサルティング・広告などマーケティングに関わる事は、提供するレベルによって、非常に価格の幅が大きい要素です。

更に、サーバー代などはタダの物から、相当高額な物まで存在します。

ですから、同じような内容で数社見積をとっても、金額に大きな差が出てくる事もあるわけです。

ホームページの見積は、内容をよく見て、必要とするものを提供してもらえるのか、そして、そこに頼む事で得られる物が何なのかよく判断して欲しいのです。

 
 

参考までに、以前WEB業界で話の種になったエントリーです。
ご参考までに。
○○円ならどこまでできる!? ウェブサイト制作の相場早見表

著作権

S003

先日、撮影した写真。

イメージと違うのでボツになった写真です。

まあ、そのうち使うかもしれませんが。

さて、折角撮ってもらった写真なので透かし画像を入れています。

ホームページの文章や、写真は簡単にコピーできる物です。

そのせいか、時々コピーして使われちゃったりします。

ひどい物になると、サイト丸ごとコピーとか、ブログに情報を丸ごとアップしているとか、やっちゃってます。

一般的ななどは著作権など曖昧なところもありますが、検索時に全く同じ内容のページが出てくる事は余り気持ちのいい事ではありません。

○フィ○エーター(検索に引っかかると面倒なので伏字です)の氾濫により、同じ内容の情報サイトが続けて、いくつも検索に引っかかる事があります。

検索エンジンで、どうしてもコアな情報を探したい時に邪魔になります。

まあ、検索エンジンの広告システムが自分で招いている状況とも言えますが。

きっと、それを利用してバックリンクを稼ぐSEO業者もいるんだろうな~。

リサイクルショップにホームページはいりません

最近、守成クラブという異業種交流会にて、イープレイスというリサイクルショップの社長さんと仲良くなりました。

そこで先日、近くに行く事がありましたので、お邪魔してみました。

お店も、商品も綺麗にする様に心がけているという事で、清潔感のある店内は好印象です。

家具や家電などは、アウトレット品も多く新製品を求めない人には、お得な物が手に入るかもしれません。

 
 

さて、社長さんとの会話の中で、ホームページや携帯コンテンツなどドウだろうという話になったのですが、私は、リサイクルショップがホームページで展開する必要は無いのではないかとお話しました。

やるとしても、最低限のホームページに留めて、オークションなどの既存のシステムに力を入れたほうがいいとアドバイス。

数年前は、リサイクルショップが沢山出来た時期がありましたが、一点物を扱うリサイクルショップでは、更新頻度の問題が重くなり、長続きしないところが多かったようです。

WEB上のリサイクル市場は、そのためかオークションなどに集約されています。一部、amazonやブックオフなどは古本市場を作りましたが、小さなお店ではそういうところに乗るしかありません。

そして、WEBやメールから、実店舗への来店を即すのは、まだ現状では難しいと思います。

初めは、オークションの写真精度を上げるために、撮影機材等に投資した方が単純に売り上げに繋がります。

 
 

しかし、WEBから実店舗へのつながりは100%期待できないわけではありません。

世の中の、WEBの浸透度が高まるにつれ、状況は変わっていく事に間違いは無いはずです。

ブログやSNS、メルマガ、ホームページにしても売り売りではなく情報を提供する物にする、などで顧客とのつながりを持っていけば将来的には実を結ぶでしょう。

小さなマーケティングをかき集める事で、効果を上げていく。

これもまた、ロングテール的ですね。

ホームページの写真は大切です

Dscn0387

今日は、飲食店ホームページ用の料理の写真撮影です。

私はカメラマンにああしろこうしろと支持するだけですが、クライアントのところにお邪魔しての撮影は気を使います。

ですから撮影するカメラマンはもっと疲れます。(私も簡単な撮影はしますので気持ちはわかります。)

今日もいい写真を撮ってくれるいつも笑顔のカメラマンM氏に感謝です。

 
 
 

Dscn0385
【出番待ちの料理達。鮮度を保つのに気を使います】

 
 
 

さて、ホームページの写真は非常に大切な要素です。

業種によっては、写真の出来がホームページの成功を左右するといっても過言ではありません。

時々、いかにもカタログやメニューなどの印刷物からスキャンした画像を使ったホームページを見ますが、印刷物はCMYKの為、RGBの画面では明らかに違和感が出てしまいます。(ある程度大き目の普通の写真としてプリントした物であれば補正は可能です。)

ガイネットでは、物理的に無理&予算的に無理な場合を除いて基本的に写真撮影を制作に含む事を考えます。

ですから、よく見る安い価格で制作するホームページ業者を見ると???と思うのです。

まあ、高いからいいというわけでもないのですが・・・

 
 

さあ、今回はどんな写真が撮れたのか、
機会があったらお見せしたいと思います。

定期更新サービス

弊社では、他社で見られるような、毎月いくらでホームページの更新を出来ますよという、ホームページの定期更新サービスのプランは設けていません。

それは、ホームページの更新は生き物であるという思いがあるからです。

同じ理由で、制作費を安価、または無料で、毎月の料金で更新まで行うという事も行っていません。

確かに、はじめにかかる費用が抑えられるため、発注するクライアントの負担は少なくてすむかもしれません。

それぞれの目的によって、制作に掛かる費用は全く変わりますし、内容によって更新の頻度もボリュームも様々です。

内部要因でホームページの効果を上げるためには、サイトのボリュームを増やす事が第一です。

よって、初めの制作費を抑えてボリュームを少なくしたならば、どんどん更新をしてボリュームを増やしていく必要があるのです。

毎月の定期料金での更新は、更新の少ない限りは制作業者が儲かります。

制作側には、更新の多い所も少ない所もあるからという計算があるでしょう。

もしも弊社でやるなら、更新をドンドン勧めますから毎月の料金は結構なものになるかもしれませんcoldsweats01

だから、必要な時に必要なサービスを提供する様なスタンスでやっています。

機械のメンテとは違うのですから。

日々状況の変化する業界ですしねwatch

迷惑と満足の間に

私がよくお世話になっている異業種交流会があるのですが、そこで名刺交換した輩からスパムメールが送られてくる。

いや、正確にはスパムメールマガジンだ。

しかも、それらの会社の中には自分と業種のかぶるところもあるのだから気分がさらに悪い。

 

さて、不特定多数に送られるメッセージは迷惑な物です。

 

受け取る側の時は判っているはずなのに、送る側になるとそれを忘れてしまう。

 

人は、押し付けには迷惑を感じるが、自分から手に入れた物には満足を得ようと努力する。

 

まあ、努力が報われない時の失望も大きいけれど。

 

より以前の記事一覧

フォト

twitter

  • twitter

写真部


2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ