ランチェスター経営戦略セミナー

もう12月ですね。

この時期になるとどうもブログの投稿が滞りがち。

最近、twitterを始めたのもありその手軽さに、ますますブログから足が遠のきがち。

 
 

さて、先週のとことですが、ランチェスターマネジメント札幌西谷常春氏による、経営セミナーに参加しました。

129afbbes

小滝さん写真いただきました。coldsweats01

 

普段、本はよく読むのですが、セミナーや講演会などはナカナカ都合が付かないのと、旭川自体でも少ないのでありがたく聞きます。

お話はランチェスターの話は最後の方に触りだけで、殆んどは経営とマーケティングの基本の考え方の話。

よって新しい学びには至りませんでしたが、耳からのインプットというのはいつもの勉強法とは違うので効果的でした。

 

Keiei

そこでお話していた手紙の話をご自身でも実践しているようで、後日こんな葉書を送られてきました。

 

何度もしつこいぐらい言っていた、戦略を考えろ、考えることを時間を使えという言葉。

 
 

まったくそのとおりで。

 
 
 

後はどう実践するか。

 
 
 

でも、12月はバタバタと過ぎてしまうんだろうな~。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

したっけの。

プレゼン力

Dsc_3808

 

とぅーっ!

 

と、行きたい所ですが・・・

 

企画書やら、プレゼンやらそんな事ばかりしていた一週間。

 

文章書いたり、絵作ったりするのはそれなりに出来るつもりですが。

 

どうも、こういう能力はまだ修業が足りない模様。

 

物作りよりよっぽど時間かかってるし、コレで仕事にならなかったらどうするんでしょう。

 

企画書それなりに作っても、いざプレゼンになると言いたい事の半分も伝えられず。

 

人前に出るのは嫌いじゃない。

 

というか、どちらかと言うと目立ちたがりだけど。

 

アドリブで喋るのはちょっと苦手。

 

喋らなくてもアピールできるプレゼンを考えてみる今日この頃。

 
 
 
 
 
 

お喋りな人にチョット憧れ。

 
 
 
 
 
 
 
 

したっけの。

仕事ってなんだろうね

今年は、リーマンショックから始まり、アメリカが落ちたと思ったら、日本の企業も減収にリストラのニュースが目白押し。

「派遣切り反対」

「辞めても寮に住ませろ」

「ホームレスになりたくない」

なんて文字が飛び回っている。

テレビを見ると、デモをしている人や路上で寝ている人。

そんな事を見ながら、ふと思う。

 

仕事ってなんだろうね。

 

普通の人なら、人生の大半の時間をを過ごす仕事。

 

私の屋号である「ガイネット」

 

自分に屋号を付ける時に、これからは仕事を「生きがいにしなければならない」と思い。
生きがいからガイを取った。

 

起業するからには、会社員時代とは違うココロのスイッチを入れなければならなかった。

 

きっと、そのスイッチを早く入れられる人は、起業しなくても成功できるんだと思う。

 
 

自分が会社員時代は仕事が少なくても、楽でいいぐらいにしか思わなかった。

 

今の自分からは考えられないが、世の中の大半はそんなものなのだ。

 

病気を直すとき、薬を使い表面的に症状を直す対処療法ではなく、原因を改善する事の大切だといわれる。

 

表面的な経済対策や、金をばら撒いてもそれほど意味はない。

 

これをきっかけに、人々の心にスイッチが入り、思想が変わっていく事がなければ、ナカナカ改善されるとは思わない。

 
 
 
 
 

でも、難しい。

 
 
 
 
 

みんな、自分の仕事について考えるいい機会かもしれないですね。

 
 
 
 
 
 
 
 

したっけの。

売らない営業

生命保険会社2008上半期決算報告のニュースが出ていました。

ソニー生命以外の国内保険会社は減益だったらしい。

そのニュースを見てなんとなく納得した事があります。

まあ、それがこのニュースに直結するとも到底思えませんが、なんとなくです。

職業柄というか、事業をしているからというか、知り合いに保険会社の営業マンや代理店をやっているような人も沢山いて、殆んどの大手の保険会社の人と話をしたことがあるか、もしくは名刺交換ぐらいはしたことがあると思う。

その中に、ソニー生命の関係者で2人ほど仲良くさせてもらっている人がいます。

彼らに共通するのは、殆んど売り込みをされた事がないという事。

他の保険会社の営業マンは、少なからずパンフレットの一つぐらいは時々持ってくる。

彼らにはそれが無い。

多分、まったく無いわけではないのだろうが、余り記憶に残らない程度です。

保険の話になっても、ファイナンシャルの話になる。

保険の売り込みにはつながらない。

でも、彼らは充分に成功している。

他の会社で代理店を辞めた人や、ナカナカ大変そうだなという雰囲気を出している人なども見ているだけに顕著にうつる。

そんな私もどうせ入るなら私も彼らからという気になってしまう。

彼らに、学ぶ事はまだまだありそうです。

ソニー生命に関わる人は沢山いるので、彼らみたいなのばかりでは無いだろうし、他の保険会社にだってそんな人は沢山いると思うので、その辺はあしからずで。。。

 
 
 
 
 
 
 
 

昔、人と話す事が苦手で営業に困り、石原明氏の「営業マンは断ることを覚えなさい」を読んでホットしたことを思いだした。

 
 
 
 
 

未だにお喋りな人にはなれませんが、営業は結構好きになった。

 
 
 

飛び込みはNGですけどね。

 
 
 
 
 

したっけの。

クリエイター業界と経営者脳

最近、仕事が忙しいので人を増やそうと考えているが、ナカナカそちらの活動まで手が回らない。

雇った時のお金の問題。

果たして雇った人間がちゃんと仕事をしてくれるのだろうか。

雇ったはいいが、その後仕事が続くのかという不安もある。

さらに、業界的には人材不足。

クリエイターを目指す若者は都会に出て行ってしまうため、田舎のWEB業者やデザイン業者は人材不足に悩んでいる現状もある。

この業界に限らず、他の経営者などに聞いても、募集で沢山人は集まるがロクな人材がいないなんて嘆きも聞こえてきます。

特に、このWEB業界。

ホームページなんて、パソコンの操作の知識がありソフトさえあれば、作るだけなら簡単に出来てしまう。

実際、ちょっとどうかなと思うようなデザインのホームページを作る会社も多い。

人が育つ土壌が少ないともいえる。

 
 
 
 

さて、私がよく覗くSNSのクリエイター&デザイナーのトピックで、デザイン会社の経営者の愚痴をめぐって盛り上がっている。

書き込みの内容は、「人材を募集するが権利の主張は強いのだが、仕事に対するやる気の無い者が多いという事。言われた事をただやるだけ、定時には帰りたがり、夢が無いので学ぼうとしない人が多い。今後どうやって募集すればいいのでしょうか。」という物。(かなり要約)

それに対する意見が、経営者&フリーランスと会社員と思しき人で、いかにも意見が分かれていて面白い。

経営者は全てを大きく見越して意見しているのに、会社員側は権利を主張するも、いつしか書き込みの大半は経営者側の人間という感じに。

なるほど~こういう意見を聞けるのはインターネットのいいところ。

都会の情報もためになります。

 
 
 
 
 

一般的に、クリエイティブな業界というのは、他の業界に比べチョット変わったところがあります。

それは、就業時間の考え方。

締め切りに追われる事も多く、帰りの時間は皆遅くなりがち。

頭を悩ませて考えている時間の方が長いぐらいなので、何処から何処までが労働の時間かなんて計りようが無いわけです。

いつ休憩して、いつ机に向かうのも自由というスタンスでなければいい物も生まれません。

でも、給料は時間で割らなければならないのが世の中のキマリ。

この辺のジレンマが皆さん悩みのようです。

 
 
 
 

誰かいい人いないかな。

 

デザインが出来て。

コーディングが出来て。

プログラムが出来て。

ディレクションが出来て。

ついでに営業も出来るなんて。

 
 
 
 
 
 

そんな人いたら、もう社長になっているって?

 
 
 
 
 
 
 

そういわずに、片腕募集中です。

 
 
 
 
 
 
 
 

したっけの。

フォト

twitter

  • twitter

写真部


2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ