« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

大きなエビフライカレー 「コーヒー&ランチ スワン(SWAN)」 旭川市豊岡

P1010017

あるお休みの日、嫁様と息子がサッカーの試合に行ってしまったため、娘と二人でデート。

お昼ご飯に「コーヒー&ランチ スワン(SWAN)」へ。

ここは結構古くからある喫茶店。

喫茶店を続けられるんだからそれなりに理由があるんだろうな。

ということで、入ってみた。

P1010003

日曜日でしたがサービスメニューがあったので、そこから大きなエビフライカレーを頼む。

エビフライは家で食べる機会が少ないのでエビフライという字には弱い自分。

「アイスクリームが食べたい。」という娘。

懐具合を見て「ご飯かデザートかどっちかならいいよ。」ということになりチョコレートパフェをたのんだ。

 

P1010014

コーヒーを飲みながら、しばし待つ。 

 
 
 
 

ナカナカ美味しいコーヒーだ。

 
 
 
 
 

喫茶店のコーヒーの味は大事だな。

 
 
 
 
 
 
 
 

など思っていると来た。

P1010012

まずはパフェ。アイスクリームたっぷり。

 
 

そしてカレー。 

P1010019

エビがデカイ!

まっすぐな大きなエビが二尾。

カリッと揚がっているので頭の方も美味しく食べられました。

カレーのほうは、余りスパイシーではないがまろやかで悪くない。

いかにもな喫茶店的なカレーだ。

 

そのせいか、
P1010022
こんなものが付属。

 

ぱっと見ラー油っぽいけどそうでもない。

 

沢山かけるとそれなりに辛くなります。ドクロ書くほどじゃないけど。

 
 

P1010021

こんなサラダもちょっと嬉しい。まあ、普通のサラダだけど。

 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 

最近、外で食べるカレーは本格的なカレーばかりなのでこういう普通のカレーもたまにはいい。

 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 

娘と二人で過ごす貴重で楽しい時間でした。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

したっけの。

ゴーヤチャンプルーも美味かった。 沖縄料理ま~さん堂

また、ま~さん堂に行ってしまった。

時間も遅かったし。

P1000978

 

なので、客は他になし。

 

さらに、食材もかなり売り切れ。

 

ソーキそば食べたかったのに・・・。

 

無念だ。

 

まあ、気を取り直し。

P1000993

まずはゴーヤチャンプルー。

美味いね。多くを語る事もない。

 

P1000981

海ブドウ。

初めて食べたかも。

想像どおりだ。

 
 

P1000988

島らっきょう。

カラいさー。

でも、味噌を付けるとたまらないさー。

 
 
 

P1000999

しょうがないから、また沖縄そばにしたさー。

 

前回より、ラードが強い感じ。その分更にアツアツ。

 

皆、アチアチ言ってるサー

 

この間より、少し雑な感じ。

 

でもウマイサー

 
 
 
 
 
 

コンドコソ、ソーキサー

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

シッタケサー

 
 
 
 
 

あれ、北海道弁になった。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

したっけの。

焼き鳥らんまん

P1000966

商工会の会合の後、バーバー氏と焼鳥らんまんへ。

最近は、おねーちゃんのいるお店よりこういうお店に行くほうが楽しかったりする。

P1000967

まずは焼酎でおつかれさん。

焼酎は最近余り飲んでいなかったので結構きつい。

 

P1000970
P1000977

まずは、モツ串と骨なし手羽元。

モツは単純に美味い。選んでいる肉がいいのだろう。

手羽元は骨付きの場合とは違う不思議な弾力のある食感。

ママによると骨なしだとなぜかこうなるそうだ。

この食感と、らんまんのタレはベストマッチである。

 

ママの誘いに乗りサラダなどを頼む。

P1000972

バーバー氏はコールスロー。

病気にポテサラはさわるらしい。かわいそうに。

 

P1000973

ポテサラはしっとり滑らかで濃厚な味付け。ポテサラ芸人も納得できそうだ。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

美味い肴に、楽しい話。 

 
 
 
 
 
 
 

この後さらに話に花が咲き、らんまんのママも引きつれ居酒屋をハシゴするのであった。

 
 
 
 
 
 
 

それはまた、別のおはなし。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

したっけの。

骨付きフライドチキン付き特製オムハヤシ マチバル 旭川市

P1000907_1

駅前に行く用事があったために「マチバル」に行ってみた。

P1000903_1

バルというだけあり、スペイン風のバーのイメージか。イベリコの生ハムの足などもいかにもそれ風。

P1000897_1

骨付きフライドチキンの文字にひかれ特製オムハヤシを頼む。

P1000906_1

おっ、とろとろ風か?!と思ったが・・・、

P1000909_1

そうでもなかった。普通のオムレツが乗ってる感じ。

よく言えば全体あっさり目。自分的には物足りない。

特にフライドチキンは下味がほとんど無くスープカレーに入れるような素揚げですね。

P1000912_1

パスタは柔らかめだそうです。

 
 

P1000919_1

ボリューム満点だったかなー。

 
 
 

P1000920_1

雰囲気はいいし、何より値段の手頃感などもあり。

 
 
 
 
 

今後の動向は気になるところか。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 

したっけの。

黒みそラーメン らーめんくさび 東鷹栖

P1000953_1

クライアントの所にいった後で一緒に『らーめんくさび』へ。

さて、黒みそが美味しそうだなーと黒みそラーメンを頼んだのだが、帰ってPCを見ると前も黒みそを食べていた模様・・・。

あー。

まあ、そんなこともあるさ。

黒みそは少し薬膳のようなスパイシーさが特徴。

味のある干しメンマはこのスープにも負けていない。

チャーシューは柔らかく、味玉子の美味さも相変わらず。

 

次こそは、別のメニューを頼むとしよう。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

したっけの。

バーガー!バーガー!バーガー! CLAPS DINNER(クラップスダイナー) 旭川市宮前通

P1000741

小川けんいちさんの個展に行く前にCLAPS DINNER(クラップスダイナー)に。(だいぶん前だな)

以前、ア・ターヴォラがあったところです。

P1000718
P1000720

ハンバーガーのランチセットでも800円ぐらいですが、雰囲気的にポテトが大量にきそうな予感もあり単品を織り交ぜて注文。

P1000722

バンズは「ぱぷりん」らしい。

 

P1000727_2
アボガドチーズ

P1000730
チーズバーガー

P1000731
ベーコンエッグバーガー

 

P1000738
そして自分が頼んだ、ダブルチーズ

チーズがダブルかと思ったら、パティがダブルだった。

どれもボリュームがあり、食べ応えは抜群。

肉には十分に下味がついていてジューシー。

野菜が大きく、ソースもたっぷりで食べてる途中から滴り袋なしでは食べられそうにない。

パティとバンズの分厚さもあり、食べにくさも抜群であるが、それもまたハンバーガーをほおばる楽しさにつながっている。

少々ジャンキーな味で美瑛のPICNICとは正反対な雰囲気の味だったりするのだが、久しぶりに美味いハンバーガーでした。

 
 
 
 

P1000736

自分の所に来たポテトが余りにしょっぱかったのでちょっとマイナス。

 
 
 
 
 
 
 

P1000719

 

店内はオールドアメリカン的なポップな雰囲気でハンバーガー食べてる気にさせる。

 

雰囲気も味に影響する大事な要素だと感じます。

  

P1000742

美瑛のPICNICは遠くて気軽に行けないけどここは気軽に足を運べそうです。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

したっけの。

 

粗びきハンバーグにチーズたっぷりスペシャルドリア 旭川市西神楽

P1000873

ランチでもと出かけたはいいが宛てのない日曜日の午後。

天気が比較的良かった為、どこのお店も駐車場は一杯。

皆、考えることは一緒である。

さまよい走る事、小一時間。

そして、たどり着いたのは「タイムトンネル」

西神楽から美瑛方面に向かう国道沿いのお店だ。

たしか、以前は旭川医大の近くにあったと思う。

ちょうど良く駐車場も2台ほど空いており入ることが出来た。

P1000855
P1000857  
P1000854

オールドアメリカンを意識したカッコイイ佇まい。

オーナーのハーレー好きが活かされたお店らしい。

P1000851

ドリア、ハンバーグ、カレー、パスタと迷う。

そんな時は、当店推奨メニュー「スペシャルドリア」をいってみた。

 

P1000868
P1000877

ご飯の上に、味のしっかりしたそのまま食べても美味しそうなハンバーグが乗り、たっぷりのデミグラスソースとチーズがかけて焼かれている。

 

少し酸味が効きながらまろやかなソースとチーズの相性は抜群。

 

そして、ドリアにしていることで焼かれた香ばしさと、ご飯に染み絡まる汁がたまらない。

 

結構古くからある地元では有名な店だが、もっと早く行っていればと思う。

 

P1000871
P1000876

コチラはミラネーズドリア。

 

ホワイトソースとベーコンのドリア。

 

チーズの味を純粋に楽しめる。

 

 

P1000864

コチラは娘が頼んだポテトチーズ焼。

 

この時期、冬を越している皮付きポテトは何とも甘い。

 

これこそ北海道にいる幸せの味だ。

 

 

 

P1000883
P1000882

 

 

 

まさにタイムトンネルを抜けたような空間にマッタリと過ごすのも乙なお店です。

 

 

 

 

 

 

 

 

友達からツイッターでカレードリアがおススメときた。

 

 

 

 

次は益々迷いそうな予感。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

したっけの。

コクウマらーめんしょう油 富蔵 旭川市

P1000844

SOHOから一時期会社勤めになり、最近再びSOHOに復帰した福岡出身のグラフィックデザイナーGが部屋を事務所化したというので訪問した。

さて、お昼でもと彼が広げたライナー(地元フリーペーパー)のラーメン特集から比較的そこから近いということで富蔵をチョイスした。

P1000845

ライナーの効果か昼時を少し外れても駐車場には車が多かった。

P1000833
P1000834
P1000835

いろいろあるんだな~。

迷うところだが身体を考えて普通のしょう油にする。

デザイナーGは年甲斐もなくチャーシューめんを頼んだ。

 

P1000843

旭川らしい黄色みの強い麺。

少しべたつきは感じるものの濃厚でパンチのあるスープ。

表面に広がる背油がまろやかさを出している。

肉はどこまでもフワフワと柔らかく、ちょっと大き目のシナチクとは対照的にいいアクセントになっている。

大きな海苔がついているが別に無くてもいいな。邪魔はしていないが必要ではないと思う。

味は濃い目なので、濃い味ラーメンが苦手な人は鶏がらベースのラーメンもあるのでそちらの方がいいかもしれない。 

 
 
 

P1000838

さて、調子に乗ってチャーシュー麺を頼んだG。

美味しかったけどちょっと胸やけしたそうだ。

そうだろそうだろ。歳考えろ。

 
 
 
 
 
 
 

最近、集まると体の話になること多々あり。

 
 
 

すでに年寄り化は始まっているらしい・・・。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

したっけの。

期間限定メニュー 変わりチャップ丼 ハートカフェ クオーレ 旭川市東旭川

P1000807

動物園通りに出来たログハウス風のカフェ。

ランチが出来たようなので行ってみた。

P1000793
P1000797

外観から続く木に包まれた暖かな雰囲気の佇まい。

動物園から程近いので、北海道らしさを感じつつ一息つきたい時などにいいお店だろう。

 

P1000791
P1000792
P1000790

もう少しいい写真を使えばなどと思いつつ、期間限定という文字に弱い自分は変わりチャップ丼をオーダー。

なぜ、期間限定なのか分からないけどまあいい。

 

P1000798

しっかり味のついたスープだが、ぬるかった。カップの温度の問題か。

 

P1000811

ケチャップやソースを効かせて炒めた豚肉と生野菜をどんぶりにした物。

濃い味のポークチャップはご飯の良く合い、生野菜とも良く絡み美味しく食べられた。

でも、なんだろう。

家で食べている味みたいであった。

 
 
 
 
 

P1000818

煮込みハンバーグもそんな感じだそう。

 

P1000821

デザートは美味しかったらしい。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

P1000831

 

木の雰囲気は凄くいいので本州から来て北海道らしさを感じたいならいいかもしれない。

 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

したっけの。

沖縄そば 「沖縄料理ま~さん堂」 旭川市4条

Img_0557

ある会の帰り、ご一緒していた道新ななかまどにグルメ記事連載中のミニぐるめ君が「沖縄そばを食べて帰る。」というもので思わずお供した。最近はスナックで2次会3次会と行くよりも面白い店に行くほうがよほど面白い今日この頃。

Ca3a0547
入店ポーズじゃないよ。

本通沿いのその店は、店の前の佇まいから既に旭川とは別世界だった。

Ca3a0548
Ca3a0550

 

暗い・・・。

 

しまった。

 

こんな時に限ってデジカメを持ってきていない。

 
 

そんな訳で、ミニぐるめ君のピカピカの一眼を拝借。 

 

Img_0560_2
Img_0561

沖縄に行ったことの無い自分には想像もつかない料理が並び、どれも食べてみたいところだが飲み会のしめということもあり、おとなしくオリオンビールと沖縄そばを頼んだ。

 

Otooshi

お通し。沖縄の魚だろうか。変わった味だった。

お通しを食べ終わり、ミニぐるめ君の沖縄談議に花が咲きかけた頃、沖縄そば登場。 

Img_0556

自分にとって、見た目、食感、味。

どれを取っても何となく知っているようで未知の物だった。

濃厚で深みがありながら何故かどこまでも爽やかなスープ。

変なコシなのに食べ続けても飽きることはない麺。

なんか変な蒲鉾みたいなやつ。

柔らかさとは程遠いが、固いという感触もない良く煮込まれた角煮。

噛めば噛むほど味が溢れだし、いつまでも噛んでいたいという錯覚に陥りそうだ。

食べている途中から、ミニぐるめ君と以前から知り合いだというマスターが説明してくれた。

豚の三枚肉とトンコツ、大量のカツオ節を使った単純な構成のダシだが、京料理で修行経験あるマスターがダシに命を与えるのであろう。

ミニぐるめ君が沖縄旅行から帰ってきてから、どうしても沖縄料理が食べたくなり東光のお店に行ったら、沖縄で食べたものより断然美味しかったという話だ。

本場沖縄の食材を使った沖縄のおおらかな料理に、京料理の繊細さ、そして北海道の美味しい水と食材が合わさることで唯一無二の存在となったのだろう。

 
 
 
 
 

Img_0551

 

そして、何よりマスターのその爽やかな人柄が料理をより美味しい物にしているのは間違いないのだ。

 
 
 
 
 
 
 

毎日の様にお客さんを交えて本場沖縄の酒場のようにライブをしているらしい。

 
 
 
 
 
 
 
 

今日も寒い旭川の夜に、沖縄のリズムが響いていることだろう。

 
 
 
 
 
 

ゴールデンウィークが過ぎたら、4条のお店はスタッフに任せてマスターは東光のお店に戻るらしい。是非、そちらも行ってみたい。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

アーイーヤー!したっけの。

鉄鍋ランチ カフェ・グラン・パピエ(GRAND PAPIER ISHIWATA) 西部旭川店

P1000779

仕事仲間に誘われランチタイムを少しずらしてカフェ・グラン・パピエ(GRAND PAPIER ISHIWATA)を訪れた。

西武デパートの中にあるため、普段だと足を運ばないだろう。

P1000764

メンバーが集まってくると知った顔もチラホラ。

メンバーが一通りそろったとところで料理が登場。

話を聞くと、レストランの料理やサービスについて意見を貰いたいらしい。

なので今回は実際のメニューにはないランチコースを想定したものらしい。

P1000772

鉄鍋に入れられたメイン料理とライスが運ばれてきた。

初めは鶏肉かと思ったが、切ってみると大きなホッキ貝でした。

味は良く、これでもかと主張するホッキ貝は固すぎることなく大変ジューシーだ。

この辺ではフランス料理店ぐらいでしかお目にかからない茶色のマッシュルーム(白よりこっちの方が美味いと思う。)と、下に引かれた細切り野菜がホッキの塩気を適度に吸い野菜の甘みとあわさり味わいを出している。これが鉄鍋たる所以か。

 

P1000781
P1000783
きちんと落とされた珈琲と、手を加えられたデザートも味は良かった。

 

後でシェフに説明を貰ったのだが、ホッキは送られてきたすぐを活きのいいまま調理する為、貝が保っている海の塩分がそのまま料理に活かされているそうだ。

野菜も素材に分けて湯で加減を変え最後にあわせて鉄鍋でオーブンに入れるそう。

口に入れるとちょっとした違いだが、手をより加えることでその違いを生み出している。

それが何かが違うと思わせる理由なのだろう。

残念なのは食べている時にそれを知りうる手段が無い為に実際にお店に来た客の満足感には繋がりにくいことか。

 

P1000763

 
 
 

スタッフの対応などを含めて他にいろいろ見られた問題点はアンケートで伝えたのでどう変わるかは今後のお楽しみにということで。

 
 
 
 
 

いいお店になる要素は沢山あるお店だと思います。

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 

したっけの。

designshop takikawa デザインショップタキカワ 北海道滝川市 滝川ホテル三浦華園

P1000695

札幌出張の帰り道。

同行したデザイナーのススメで滝川で寄り道。

designshop takikawa (デザインショップタキカワ)

滝川中心部のホテル内にある少しオシャレな空間。

ホテルの風貌からするとそんな部屋があろうとは想像もつかないぐらいだ。

P1000705
P1000699

ホテルに入ると現れる、グレーの外壁の空間。

デザインショップと改装されたと思われるレストランは少し古めのホテルの中で異彩を放っていた。

P1000679

P1000682

P1000692

P1000688

P1000689

 

中に入ると狭い空間に整然と世界的なデザインプロダクツが並んでいた。

 

こんなところにと言うと失礼な話だが、クリエイティブな人には大きく影響を受けられる空間がそこにはあった。

 

空間の違和感もさることながら、そこにいるホテルマンの対応からいかに地元民からは無視されているかということも感じとれた。

 

きっと、ここにある物の価値や、なぜこんな値段がするかも理解されていないのだろうなと思う。

 

少なくとも地元の子供達ぐらいには、ここにある空間と商品を見せデザインの価値を教えてあげられたら少しは物の価値が分かる大人に育つのになと思う。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

P1000702
P1000698

 

そういえば、こんなデザインの素敵なお茶も売っているようだがこれはどうかな。

 

ホテルの人がどこに売っているかもよく分かっていないということはよほど売れていないのだろう。

 

だからデザインが受け入れられないという部分も見られたのも残念なこと。

 
 

デザインは気持ちと商材を結ぶものでなければならない。

 
 
 
 
 
 
 

一番大事なのは見た人が感じることなのだから。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 

したっけの。

とろろ蕎麦とたまご丼のミニミニセット 「そば処 更科」 札幌市豊平区

P1000675

先日のプレゼン出張。

同行したグラフィックデザイナーに連れてってもらったお店です。

「そば処 更科」

マスターが車の会の友人だそうだ。

そんな人間関係もちょっとうらやましい。 

さて、プレゼンの帰りのお昼時。

P1000671

安心してお腹も空いたことで、セット物を頼んでみた。

P1000676

冷たいとろろそばと、とりそぼろ丼のミニミニセット。

ミニといっても結構な量。

甘辛のそぼろとふんわりとした卵は相性もいい。

そばはかなり腰の強い更科そば。

かなりお腹一杯になりました。

 

 

 

 

 

P1000677

 

小さいお店ですが場所的に札幌のこういうお店は出前とかも凄いんだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

したっけの。

旭川大雪地ビール館のプリン

P1000711

クローバーの江口さんと打ち合わせ。

顔を合わせるなり、

江口さん「プリン食べませんか?プリン食べましょう!」

私「えっ?えっ?」

というまに運ばれてきた珈琲とプリン。

美味しく頂きました。

P1000706

あまり詳しく聞いてなかったんだけど、地ビールが使われているそう。こんど支配人に聞いてみよう。

確かに甘さ控えめで食べやすい。

あまりプリンは好きなほうではないが美味しく食べられた。

 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 

結構いいコンテンツを持っているのに巧く伝えたれていないせいで損をしていると思うな~。

 

ホームページ作らせてくれないかな~。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

したっけの。

石焼ビビンバ ランチ 焼肉居酒屋 うしのや 旭川市旭神

P1000605

人のブログで安いランチ情報を仕入れて「うしのや」へ行ってみました。

P1000590

500円ランチなるものもあったのだが、焼肉屋らしくビビンバを選択。

他の人のブログを見て、ランチのビビンバは具が少ないという情報があったのでカルビをトッピング。

P1000600

確かに具は少なめ。トッピングをして正解です。

味は値段なりですがそう悪くは無い。

辛味が物足りないので付属のコチュジャンを沢山入れると美味しくなりました。

P1000609
一応スープもつきます。

 
 
 
 
 

P1000618

安くランチを済ませたい時はいいですね。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

したっけの。

「春。元気なピカソ展」 小川けんいち個展に行ってきた

P1000746

日曜日、外に出る用事のついでに友人であり絵描きである小川けんいち氏の「春。元気なピカソ展」へ行ってきました。

P1000749_2

P1000748
P1000751
P1000753
P1000752
P1000755
P1000760

今回は原画も多いので見ごたえもあります。

 

もう少しやっているのでお近くの方は見に行ってみてくださいね。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

したっけの。

桃ラーを食べてみた。

P1000384

今や人気絶頂で入手困難の「桃ラー」

テレビで立て続けに紹介されてから、一気に店頭から消えたのだが、私の住んでいるのは北海道旭川という微妙な田舎。

ツイッターで都会の人達が無い無い騒ぎ出した頃は、まだ普通に売っていてそんなに美味い物なら食べてみようと買ってから3瓶目だったりする。

それがいまやこれ。

P1000717

新聞にお詫び広告出しちゃうぐらいなのだが、まあ桃屋に責任はない。

この騒動、ツイッターやらミクシィ上でボチボチ話題になり始めてからドンドン情報が溢れていった過程を見ていたので、ネット主導の口コミの早さを象徴するような出来事だと思う。

そう考えると、まだまだ地方にいくほどテレビの力のほうが、まだあるということか。

 
 

最初のうちはご飯にのせて、美味い美味いと食べていたのだがいい加減何度も食べるとどんなに美味しい物も飽きがくるもの。

そこで幾つか試してみた。

 

Imgp4708

これは王道か。

元々中華だけに想像以上にはならない。美味いけどね。

 
 

Imgp4698

マーボー豆腐。

いつもと違う食感がプラスされるので面白い。

まあ、味はそのまま。

 
 
 

Imgp4696

インスタントラーメンに入れてみた。

これは完全に失敗。

両方の良さを打ち消しあう。

スープに桃ラーが浸かる事でいい食感が消えてしまうのだ。

 
 
 
 
 

Imgp4716

冷奴。

これは、美味い。

冷奴らしく鰹節と冷奴のタレを適度にかけるのがおススメ。

意外と豆腐の風味を損なうことが無いので豆腐食べてる感も十分。

 
 
 
 
 

Imgp4690

しかし、結局ご飯というか。

自分の中でナンバーワンは卵かけご飯だな。

味的にはなんちゃってビビンパだけど、美味いんだなこれが。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Sラーも気になる今日この頃だ。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

したっけの。

フォト

twitter

  • twitter

写真部


2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ