« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

神楽の丘のランチ 神楽岡のTHE SUN蔵人となり

Dscn3522

神楽に出来た新しいお店に行ってみるも駐車場コミコミにつきユーターン。

神楽の丘に行ってみた。

Dscn3504
Dscn3502
Dscn3503

メニューを見る限り一応イタリアンっぽくめざしているらしい。

1500円のランチは少し勇気がいるので1000円のAランチにする。

Dscn3510
まずは、スープ。
ジャガイモ、オニオン、オリーブオイルにさらに何かの味がする。普通のブイヨンだけじゃないのかな~、まあ、結構美味しかった。

Dscn3513
次にパンが出てくる。
バッケト出るということはイタリアンではないのかな。
とにかく小さい。ヨーロッパ人が見たらびっくりするだろう大きさ。

Dscn3521

山芋と海鮮のペペロンチーノ。
そうなるとぺペロンチーノじゃないだろと言われそうだが、そんなに悪くはなかった。
ペペロンチーノというより昔洋食レストランで食べた海鮮スパゲッティを思い出す。

 

Dscn3527
デザートはアラカルト。
冬に食べるシャーベットは辛いです。

 
 

Dscn3528
どうも、エスプレッソマシーンのコーヒーはね・・・
エスプレッソは濃いので小さいカップでいいと思う。

 
 
 
 

Dscn3531

 
 
 
 
 
 

しかし、上品な店内に響き渡るオバサマ達のお喋りはどうにかならないものか。 

 
 

この辺のイタリアンや洋食のお店ってランチタイムは皆そうで、イマイチ落ち着いて食事が出来ないんですが。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

したっけの。

名古屋きし麺 味噌煮込み風鍋焼きうどん

Dscn3498

嫁の実家の隣の家が名古屋の方が所有していて別荘にしている関係で名古屋の物を時々頂くそうだ。

 

そんな流れで、きし麺を頂いたので鍋焼き風に。

 

北海道人にはなじみの薄い赤味噌仕立てのタレ。

 

よってこれは味噌煮込み風かな。

 

なんとなく、行ったことの無い名古屋を想像しながら文化の違いを楽しむ。

 
 
 

でも、本場はもっとどえりゃーうみゃーのでしょうか。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

したっけの。

港函館回転寿司やすけ 旭川市永山ウエスタンパワーズ

Dscn3492

永山ウエスタンパワーズにあった中華屋の後に出来た「港函館回転寿司やすけ」です。

気にはなっていたが週末などは込んでいたので、平日の夕方などに行ってみた。

Dscn3485

Dscn3487

注文はタッチパネルだし、お寿司は新幹線が運んでくる。(そうでない席も一部あり)

ファミリー向けを完全意識したお店ですね。

Dscn3497

そのせいか、ネタは変り種が殆んど無いので季節で味わうお寿司の醍醐味はあまりなさそう。

全皿126円なのでファミリーには嬉しいところ。

Dscn3488
Dscn3489
Dscn3491
Dscn3493
Dscn3494

ネタは多少ばらつきがあるものの、ほぼ平均点以上。

美味しかったネタもあったのだが、汁物がお家の味噌汁のお椀の大きさだったので拍子抜けしたのであった。

 
 

Dscn3495

 
 
 
 
 
 

永山は回転寿司が一気に2店舗できて激戦区になったな~。

 

大いに競争していただき質を上げていただきたいものです。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

したっけの。

ナンが美味しい ネパールレストラン ビスターレ・ビスターレ 豊岡店 旭川市

Dscn3340

ナンが美味しいと話題になっていたネパールレストラン「ビスターレ・ビスターレ」に豊岡店が家の近くにできて気になっていた。

車で入りにくい場所にありいつも込んでいたのだが、この日はランチタイムにも関わらず駐車場に隙間があったのですかさず入ってみた。

Dscn3347

働いているのは、ネパール人と思われる人だけなのだが、流暢な日本語で注文を聞いてくれる。

Dscn3325
Dscn3328
Dscn3327
Dscn3332
Dscn3339

いろいろあって迷うのだが、やはりナンを食べたいのでBセットを注文。

Dscn3331
まず、ダルスープという豆のスープが出てくる。

見た目はコーンスープのようだが、豆の風味がたっぷりのスパイシーなスープです。

辛いものが弱い人にはこれでも結構辛いかもしれない。

 

Dscn3342
Dscn3343
この日は、ポークのカレーと野菜のカレー。

日本人の舌に合わせている様でかなり辛味が抑えられており、肉や野菜の旨味がよく煮込まれた味で、アジア系のカレーとしてはかなりマイルドな部類。

いかにも東南アジア系の複雑なスパイスの効いたカレーを期待すると物足りないかもしれない。

Dscn3336

まあ、辛さ調節用の液状スパイスが出てくるので辛さは自在。

 

 

Dscn3341

やはりココで美味しいのはナン。

出てきてすぐは、熱々で手でちぎれない程。

本場の釜で焼いたと思われる焼きたて感と、香ばしい香りはカレーはやはりナンでなければと思わせる。

薄く焦げ目の付いた部分はパリパリで、肉厚なお尻の部分はかなりモチモチの食感の変化が楽しくもある。

厨房から聞こえてくる、生地を叩き伸ばすこれもかという「パンパン」という音は伊達ではない。

こういう小麦粉系の物は、どれだけパンパンするのにかかっているのだ。たぶん。

 
 
 

ナンだから、とにかく手でちぎってカレーを塗ったくって食べるわけだが、だんだん豪快に食べることが楽しくなり、このタイミングでライスが出てきても手で食べてしまうんではないかと思う。

 

そういう意味でエスニックな気分を満喫できるお店ともいえるだろう。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

したっけの。

ことことハヤシディッシュ&フォンデュ風チーズバーグディッシュ びっくりドンキー 永山店 旭川市

Dscn3373

奥様のお仕事祝いに託けて、お食事へ。

こんな時は、近くのびっくりドンキーです。

混んでいたら別なお店に使用かと思ったのだが、夕方で比較的空いていたので中へ。

Dscn3355
久しぶりなせいか、メニューが増えていた。

Dscn3360

期間限定でうどんの入ったメニューもあったがどうなんでしょう。

テスト販売だなきっと。

Dscn3371
ことことハヤシディッシュ。

折角なので、食べたことのないメニューを。

心配なので(何が?)チーズをトッピング。

酸味が少なく食べやすいハヤシソース。

ファミレスとしては悪くはない。

Dscn3370

ついつい、豚汁なども頼んでしまう。

 

Dscn3366

リョウマはフォンデュ風チーズバーグディッシュ。

子供にはピッタリの味のようだ。

今の子供はこんなのを食べられて幸せですね。

 
 
 
 
 
 

Dscn3365

びっくりドンキーのコダワリ。

味とともに、いろんなことをお客さんが感じるから、みんなコッチを選ぶ。

こちらでイマイチうまくいかない某ファミレスチェーンも見習うべき。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

そういえば、結構パインバーグディッシュが好きなのだが、そう言うと「え~」と言う人が多い。

でも、メニューから消えないってことは、結構頼む人がいるのでしょうか。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 

したっけの。

ランチェスター経営戦略セミナー

もう12月ですね。

この時期になるとどうもブログの投稿が滞りがち。

最近、twitterを始めたのもありその手軽さに、ますますブログから足が遠のきがち。

 
 

さて、先週のとことですが、ランチェスターマネジメント札幌西谷常春氏による、経営セミナーに参加しました。

129afbbes

小滝さん写真いただきました。coldsweats01

 

普段、本はよく読むのですが、セミナーや講演会などはナカナカ都合が付かないのと、旭川自体でも少ないのでありがたく聞きます。

お話はランチェスターの話は最後の方に触りだけで、殆んどは経営とマーケティングの基本の考え方の話。

よって新しい学びには至りませんでしたが、耳からのインプットというのはいつもの勉強法とは違うので効果的でした。

 

Keiei

そこでお話していた手紙の話をご自身でも実践しているようで、後日こんな葉書を送られてきました。

 

何度もしつこいぐらい言っていた、戦略を考えろ、考えることを時間を使えという言葉。

 
 

まったくそのとおりで。

 
 
 

後はどう実践するか。

 
 
 

でも、12月はバタバタと過ぎてしまうんだろうな~。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

したっけの。

フォト

twitter

  • twitter

写真部


2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ