« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

煮込み舌バーグとパスタのワンプレートランチ ノンクランテ

Dscn3306

以前行ってみたら長期のお休みだったお店「ノンクランテ」。

ネットでやっているようだったので行ってみた。

Dscn3280
Dscn3274

人のブログで以前はパスタとピザが中心のお店のようだったが、今はメニューを見る限りパスタが中心の洋食店といった感じ。

牛タン(たぶん)のミンチを使ったタンバーグというのが珍しく面白そうだったので、舌バーグとパスタが乗ったワンプレートランチを頼んだ。

Dscn3303

タンバーグ、本日のパスタ、サラダ、パンにドリンクがつくお得なランチセットです。

タンバーグは、どんなものかと思ったが、ふんわり柔らかくジューシーで、コクのあるデミグラスソースと共によく煮込まれた一品だ。出来れば倍ぐらいの大きさで御飯と一緒に食べたいぐらい。

Dscn3304

パスタはピリ辛アンチョビの塩味を選んだのだが、くせの無く食べやすい味なのだが、自分としてはもっとアンチョビが立っているほうが好き。

Dscn3286

パンはくせの無い柔らかいパン。デミグラスソースを塗りたくって食べた。

 
 

Dscn3298

サラダはプレートが狭いので混ぜずらい。もっとよく混ぜられるともっと美味しく食べられるのにと思う。

 
 
 
 
 
 

部屋の両側に黒板が複数張ってありメニューが沢山書いてあるのだが、あまり沢山あるのはどうかなと思う。

雰囲気の演出は大事だけど、くどいのちょっとね。

 
 
 
 
 

安いイタリアンのお店はどうしてこうオバサマ達のおしゃべりがうるさいのだろう。

 
 
 
 

回転が悪そうでお店としては大変でしょうね。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

したっけの。

あさひかわ商工会青年部主催 東旭川大新年会のお知らせ

Sinnenkai

あさひかわ商工会青年部主催で新年会を行います。

東光、豊岡、東旭川の方々ふるってご参加くださいませ。

チケット欲しい方は商工会、又は私まで。

 
 
 
 
 

だんだん、クリスマスやらお正月の話が増えてきた。

 
 
 
 
 

もう今年も終わりですね。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

したっけの。

牛とじ丼 なか卵

Ca3a0468

日曜日のお出かけはファーストフード。

子供の好みもあるし、経済的にもちょうどいい。

うどんが食べたかったので「はなまるうどん」に行きたかったのだが、時間の関係で「なか卵」ですますことに。

Ca3a0469

うどんを食べに来たはずなのに、こういう広告幕を見せられると行かずにはいられないのがブロガーのサガか(まったくグルメブロガーでもあるまいし)。

しかし、牛とじ丼と鴨そばを同時に食べるほどの大食いではない。

Ca3a0467

正直ココで蕎麦が期待できるとも思えないので「牛とじ丼」にしました。

うどんに乗せても美味しく食べられるのをコンセプトにしたゴボウ入りのなか卵の牛丼を卵とじにし露だく気味に仕上げた一品。

たまに食べるとふつ~に美味いのでした。

Ca3a0461
こちらもおススメらしい、かき揚げ。海老が結構なもの。

 

Ca3a0466
Ca3a0460

こういうPOPは客単価が上がりそうだが、食券制のせいで微妙か。

 
 

食券だと、帰りはやはり何ともいえない寂しさを感じる「なか卵」であった。

 
 
 
 
 
 
 
 

そういえば、以前豚汁を頼んだら芋が里芋で愕然と文化の違いを感じたのだが、今も里芋なのでしょうか。

 
 
 
 
 

いまいち、こう、なんというか。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

したっけの。

ASAHIKAWA DESIGN CAMP 2010

今年初めに行ったASAHIKAWA DESIGN CAMP(デザインキャンプ)。

来年も行います。

2010年2月13日夕方より、札幌からデザイナーやコピーライターをゲストに呼んでデザインに関するトークショーを行います。

今年の会場は、デザインギャラリー(大雪地ビール館裏)にて。

トークショー終了後は、同場所にて懇親パーティーも予定しています。

旭川のデザインの未来を占う?イベントです。

グラフィックデザイナー、ライター、イラストレーター、映像クリエイター、フォトグラファー、WEBクリエイターなどのクリエイティブな方々。

会社員も、フリーの人も、クリエイティブを目指したい学生や社会人の方々。

是非、参加してください。

 
 

近日、詳細決まり次第発表いたします。

 
 
 

詳しくはaadc又は、私まで。

 
 

 
 
 
 
 
 

したっけの。

ラーメン&鶏せせりご飯 天晴れ あっそう 旭川市

Dscn3036

この間、やっと行けた「天晴れ あっそう」。

夜は居酒屋、昼はラーメンをやっている。

最近、ラーメン専門の二号店を出したし、他の人の評価も高いので期待あり。

Dscn3026
Dscn3027

よく味の方向性を知らないお店なので醤油ラーメンを、太りたくないのでラーメンだけにしたいところだがミニご飯の充実ぶりについ「鶏せせりご飯」を頼んでしまった。

Dscn3041

せせりとは鶏の首の肉。

油が多いのに締まった肉質で美味しい部位の代表ですね。

甘辛なタレに絡まれたせせりはご飯とよく合います。

出来ればもう少しタレが欲しかったところです。

ラーメンの方はと言えば、この変では変り種な感じで美味しく食べられました。

スープはトンコツと鶏を使っているようだが、どちらかというと鶏のうま味が感じられ、ゴマの効いた半にごりスープ。今回は醤油を食べたが、この味なら塩の方が合うと思われるので次は塩を味わいたい。 

麺は旭川製麺の細麺。伸びやすい麺質のようなので次は麺固めでいきたい。

トントロと思われるの部分が使われたチャーシューは柔らかく量もあり満足度は高い。

流行るのも納得のお味でした。

 

 

 

Dscn3029

下手するとお店の欠点になりそうなことも、言い方しだいで拘りになる。

 
 
 

Dscn3030

暖簾などで、席にちょっとした仕切りを作ることで居心地を少しだけよくする効果がある。

居酒屋だからこういう心遣いが気がつくのだろうが、他の飲食でも真似して欲しいところ。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

プラスの部分を強調すれば、小さなマイナスは個性になる。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

したっけの。

オムチーズ・チャーシューカレー CAPECOD(ケープコッド) 旭川市豊岡

Dscn2981

前にアトリエムさんとの打ち合わせ中、昼時をはさんだ為「CAPE COD(ケープコッド)」へ。

結構、前からあったような気がしますが初めての訪問。

Dscn2975
洋食屋って感じのラインナップです。

Dscn2976
Dscn2977

ちょっとファミレスっぽいPOPですが、おススメが分かりやすくて好印象です。

写真の使い方もうまいので効果的でしょうね。

メニューも分かりやすいが、もっと情報格差をつけるとさらにいいかも。

さて、お仕事の話はこんなところで。

 

おすすめという、「オムチーズ・チャーシューカレー」を頼んでみました。

これでもかという組み合わせ。

Dscn2983
その名のとおり、とろとろ玉子のオムカレーの上にチャーシューが乗っています。

ラーメン屋さんのチャーシューとは違う感じですが、しっかりと味が付いて適度な柔らかさ。

カレーも洋食屋さんって感じで悪くない。

他のメニューも食べてみたいなと思わせる味でした。

 

Dscn2985
こちらは、ハンバーグ&エビフライカレー。

カレーに、エビフライに、ハンバーグに、目玉焼きとこちらもイケテル組み合わせ。

 

こんなところが、洋食屋の楽しさといった感じですね。

 
 
 
 
 
 

もうちょっとリーズナブルだと、気軽に行けるのですが。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

したっけの。

ぞんちゃんちのおイモ さやか&男爵 美瑛町

Dscn3070

先日、ジャガイモを入手しに奥様の友人宅へ。

この前のユリネに続き今度はイモ。

中山の秀ちゃんもテレビの撮影に訪れたこともあるという広大な畑を持つイモ農家だ。

ぞんちゃんは畑に出ているということで、奥さんからイモを受け取るも折角なので会いに行く。

Imgp3831
彼は、大きなトラクターで牛糞を噴射していた。

軽くお礼を言い、仕事中悪いのですぐ退散。

Imgp3833

実はココの畑、美馬牛の高台の丘にあるため大雪山系十勝岳が一望できるロケーションにある。

美瑛の有名などの丘よりも凄い風景なんじゃないかとさえ思うぐらいだ。(人の家の畑なので勝手に入らないように。)

この日は天気が良くなくて、秋の寂しげな風景かと思って行ったが壮大な秋の丘の風景になっていた。

来年は夏にカメラを持って訪れよう。

 

さて、今回のイモは男爵とさやか。
Dsc_6783

昨今よく聞くジャガイモの新種達に比べると時代に逆行しているかのような古い品種。

今年のイモは出来が悪いらしく色々なところからもらう物(この辺ではイモはもらうもの?)を食べ、「確かに」と感じていた。

そして、ぞんちゃんもそう言っていた。


 

なので、それほど期待はせずシンプルに焼いてみる。
Dsc_6815

おお~、美味い。

なんだろう、イモの味がしっかりしているのに土の嫌な風味がない。

最近流行りの品種のような甘みは無いが、イモとしても風味はたっぷり。

この違いは土のせいなのか、気候のせいなのか、栽培法のせいなのか、それともこの景色のせいなのか。

「美瑛のおいも」の美瑛町のイモ専業は伊達ではないのだ。

 

プロフェッショナルなんだな。

 
 
 
 
 
 
 
 

ところで、
Dscn3024
そさいって?

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

私の車が牛糞まみれですが何か?

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

したっけの。

フォト

twitter

  • twitter

写真部


2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ