« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

dano ちょいこげ‐バリこげ‐黒こげ 羽田空港

Dscn2645

現在、関東在住で連休に時々帰って来ては毎回違うお菓子を買ってきてくれる友達がいる。

自分では、北海道と東京のお菓子はハズレなしだと勝手に思っている。

そんな訳で毎回嬉しい。

 

まあ、全てではないが新参物でよくみられる傾向として、北海道のお土産と東京のお土産で決定的に違う部分がある。

 

それは、デザイン。

 

北海道はどうしても北海道らしい野暮ったさを出さなければならない制約があるけど、東京では下町でも無い限り、そんな必要は無いのだろう。

 
 

さて、今回は「dano」

ムッシュマキノプロデュース、なんと、焦げがコンセプトのお菓子です。

Dscn2641

カッコ良さを追求してみましたって感じ。

Dscn2635

名前は、「ちょいこげ」「バリこげ」「黒こげ」

バリなんて九州の言葉だし・・・

 

Dscn2637
Dscn2649

 

もちろん、味もバリうまでした。

 
 
 
 
 
 

調べるためにホームページ見たらイマイチだった。

 
 
 
 

まあ、そんなもんだすね。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

したっけの。

 

ふらのチーズラーメン&オムカレー 北海道富良野市

Dscn2599

シルバーウィーク中のこと、美瑛でカレーうどんでもと車を走らせるが、混んでいたため断念。

富良野まで足を伸ばしました。

以前、「元祖でぶや」に出ていた「かりん」へ。

ついた頃には昼を過ぎていたため、余り混んで無いようだったのですぐ入店。

Dscn2588

あちこちにでぶやの痕跡が・・・うれしかったのでしょう。

 

さて、折角家族で行ったのでバラバラのメニューを行きましょう。

Dscn2600
オムカレー。

最近、富良野各店で力を入れているオムカレー。

ライスはチーズ入りドライカレー、ルーは牛スジのカレー。

おばさんに、連休中なので甘めにしていますと言われたのですが、まあまあの辛さ。

確かに、卵の甘さがあるのでもっとスパイシーな方がいけそうです。

まあ、それでも十分満足。

 

Dscn2595

ふらの・バタじゃが・コーンラーメン。

じゃがはメークイーンか。

まあ、観光客向け。もしくは家の娘向け。

 

Dscn2594

ふらのチーズラーメン。

これが「かりん」の売りらしい。

ワインチェダーチーズが乗っている。

スープは沢山の野菜が溶け込んでいる感じで美味しいが、旭川人にはこのブヨブヨ麺はマイナス印象。

チーズと野菜の旨みが相まっていい味が出ているので惜しいところ。

 
 

実は、ラーメンで一番印象に残ったのが実はネギ。

細めのネギの白い部分が沢山入っている。

地物が手にはいるのか、時期のせいか美味しかった。

 
 

カレーにしても、ラーメンにしても、富良野のチーズと富良野の野菜を十分に活かした味が印象に残るお店でした。

 
 

Dscn2606
Dscn2608

 

何か、全体に漂う雑な感じも富良野らしいと思わせるお店です。

 
 
 
 
 
 

観光地価格っぽいのは気になるけど、材料代と思えば納得かもね。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

したっけの。

写真家気分で

Dsc_5352

9月27日、aadc(旭川広告デザイン協議会)の仲間達で「食いしん坊仙人への道」のこたりんさん主催の撮影会で美瑛~白金~十勝岳方面へ行きました。

20名弱の団体で写真取りまくっていたので知らない人が見るとちょっと変な人たちだったかも。

天気にも恵まれすぎ、多少の疲れを感じながらいい休日を過ごせたのでした。

Dsc_5343
Dsc_5360
Dsc_5363
Dsc_5380
Dsc_5411
Dsc_5429
Dsc_5442
Dsc_5425
Dsc_5435
Dsc_5482
Dsc_5537
Dsc_5528

 
 
 
 
 

Dsc_5513

話題の青い池も行ったのですが、空が青すぎたようで魅力半減。

朝靄の時に行くのがお勧めだそうです。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

コタリンさん、楽しかったのでまたお願いします。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

したっけの。

季節料理 清本

Dscn2550

先日、クライアントにあるデザイン事務所の方をご紹介いただき一緒に飲んだ。

そこでいったのが「季節料理 清本」

家族経営の昔からある居酒屋って感じのお店です。

Dscn2538

お通しはシャケと白子の煮付。

こういう雰囲気はチェーン店では出せないところ。

Dscn2541
刺身はそれなり。

Dscn2544
「おすすめは」と聞くと今日はホッケだと言うのでお願いする。

釧路出身のイラストレーターは皮ばっかり食べてました。

そういうもの?

Dscn2554
鳥の味噌漬け。

こういう素朴な加工物がココはお勧めかもしれません。

Dscn2543
結構、モズク好き。

これぐらいボリュームがあると嬉しい。

 

他に、おばあちゃんの漬けた果実酒が沢山あり、名前を読むだけで懐かしい感じ。

「ハダンキョウ」って何でしたっけ?

何か懐かしい響きだけど記憶なし。

Dscn2563

懐かしさ一杯のお店でした。

 
 

さて、紹介して頂いたデザイン会社のイラストレーターの方に、似顔絵何ざ書いていただき。

Kymt5
こうなったわけで。

話しながらも書き続ける彼は、
Kymt1
ホッケなんかもこうなるのでした。

 
 

詳しくは「けんいちワールド日記」にて。

 
 
 
 
 
 
 
 

素敵な出会いにまた感謝です。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

したっけの。

森のゆ 花神楽 東神楽町

Dscn2569

連休中は、少し仕事もあり遠出は無し。

まあ、それでも何処にも行かないのもなんなのでフラフラドライブしていました。

ここは、気分を盛り上げるために風呂だ~ということで(なんのこっちゃ)東神楽の花神楽へ。

しかし、夕方近くに行ったため混み混み。

隙間をみてユックリ入ったので少しのぼせ気味に。

さらに、外へ出ると既に肌寒く、Tシャツ姿はうち等だけ。

アホアホ家族であった。

 
 
 
 
 
 

Dscn2565

Dscn2567

ロビーには、新聞にも載っていたハリボテが。

 

センスはともかく頑張るのはいいことだ。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

したっけの。

限定焼肉屋の豚丼 焼肉の大手門のランチ 旭川市大町

Dscn2197

美味かったです!

ランチ何処にしようとぶらぶらドライブしているうちに大町まで行ってしまい、それならばということでそのうち行きたいと思っていた大手門へ。

Dscn2175

昼は豚丼の大手門として営業しています。

Dscn2185

そこで限定の文字に惹かれ焼肉屋の豚丼を注文。

Dscn2198

肉は普通の豚丼と違いロース肉、焼き肉の雰囲気を出すためにキムチとモヤシ添え。

Dscn2203

お肉は柔らかく、タレげ絶妙。

タレに浸した後にさらに炙っているのか、香ばしさがたまらないです。

 

Dscn2193
こちらは普通。

いや、味ではなくノーマルの豚丼という意味。

こちらも、モチロン美味い。

味付けは焼き肉屋の豚丼と同じような感じ。

お肉の種類と添え物の違いですね。

 
 

こうなると、豚のロース照り焼き弁当も気になるのだった。

 
 
 
 
 
 

Dscn2208

 

添えられた山椒が固まっていて出なかった。

 
 

テーブルに置かれていた調味料がその辺で売っているものがそのままで置いてあったのですが、ちょっと違う素敵な入れ物に入れてみるとか、そういう細かいところの雰囲気作りが出来るともっと素晴らしいお店になるのではないかと思ったのでした。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

したっけの。

銀だこ と beard papas  ポスフール永山

Dscn2230

タコヤキの写真ですがグルメの話というより、商品的な話です。

日曜日、打ち合わせに行っている間にリョウマがポスフールにあるカット専門店へ。

帰りに、銀だこでタコヤキとbeard papasでスイーツを買って来てくれました。

さて、銀だこですが
Dscn2227
ピザでも入れそうな箱に入っている。

Dscn2233
下にはナミナミのシートが敷いてあり、箱自体の効果もあり持ち帰りでもベチャっとならない工夫がしてある。

Dscn2228
地味ですがこういう小技は大切ですね。


 

続いて、beard papas

Dscn2234

店員の男の人の鼻にかかった声がいつも気になるお店。

Dscn2236
チョコレートなんとか(^-^;

Dscn2244
説明書が付いていて、

Dscn2250
実際やるとこうなる。

 

なるほど、これはちょっと楽しい。

 

味のほうもそう悪くは無かったのでいい印象が残る。

 
 
 

どちらもちょっとした工夫です。

 
 

味のほうも何となく美味しい気がしてくるものです。

 
 
 

偶然同じところで買った2つのお店の商品が工夫を重ねることで、お店の印象がかなり変わるものだなと思わせてくれたのでした。

 
 

 

 

売れているお店にはわけがあるってところですね。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

したっけの。

ヤア、ヤア、ヤア

ビートルズのBOXセットがでた。

 
 

中高生の時はビートルズばっかり聞いてた。

 
 
 
 

だから、ほしい。

 

ほしい。


ほしい。


ほしい。



でも、がまん。





高いから。










ああ~








したっけの。

ハンバーグ御膳 和のみランチ 旭川市東旭川

Dscn2154

札幌へ会社ごと引っ越してしまった、ひかりものJPの水谷氏が出張してきているというので和のみでランチ。

今回は、ハンバーグ御膳に温泉たまごをトッピングしてみました。

Dscn2157

デミグラスソースが濃厚で柔らかいハンバーグとの相性は抜群。

温泉たまごは、デミグラスソースに負けてしまいソースの一部になってしまったようで残念。

Dscn2158

これはこれで美味しいのですが、折角いい卵なのでもっと活かしたいところ。

いっそのこと、ゆで卵にしてしまってデミグラスソースを絡めて食べるってのもいいかもなんて思ったのでした。

Dscn2161

おまけの昆布茶には昆布のカケラが入っていて、昆布の旨みを直接感じられこれもまたありですね。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

したっけの。

 

彦一にんにく 北海道旭川市

Dscn2106
にんにくです。

何の特徴も無いニンニクです。

しかし、無農薬で糖度の高いこだわりニンニクだから只者ではないのだ。

ミニぐるめ君の事務所でチンした物をご馳走になり感動したのだが、結構な値段なのでそうそう買えるものでもない。

最近、また食べたいと思っていたところでミニぐるめ君のブログで地域還元セールの記事発見。

Dscn2102

嫁の「ダイイチにあるよ」の一言に、思わず「買っとけ」。

 

この間は、チンだったけどネットでアルミホイルで包んでオーブンでというのを見つけやってみる。

しかし、普通の時間では短かったらしく結局チン。

Dscn2110

ミニぐるめ君のところで頂いたのは乾燥だったのでそれよりは甘みは落ちるが、ホクホク感はたまらないのでした。

乾燥させると、さらに糖度が高くなるとかいてあるのですが、果たしてもつのかどうか。

先日、ペペロンチーノにしてかなり消費してしまったし。

 
 
 
 
 
 
 

まだ売ってるでしょうか。

 
 
 
 
 
 

普通に買ったら高いしなぁ~。

 
 
 
 
 
 
 

したっけの。

ホルモンのラーメン だから モルメン ラーメンひまわり

Sdscn2021

野菜と一緒に炒められた、ふわっと柔らかいモツが麺を覆うようにラーメンに盛られている。

それが、ひまわりのモルメン。

自分的にはノッケ系ラーメンでは、ラーメン蝦夷の蝦夷ラーメンと双璧だと思う。

どこかのイベントにひまわりが出店していたときに食べた普通のラーメンは決して不味くはなく美味しいラーメンではあったが、モルメンを初めて食べたときの感動はなかった。

蝦夷ラーメンがそうであるように、炒めることの香ばしさと野菜の甘みがプラスされることでスープの旨味が増していく。

ひと口目には、別々の味わいであったモツと麺が食べ進めるうちに融合し、味のバランスが取れていく。

この感覚が、大量のモツにも関わらず飽きずに食べさせてくれるのかもしれないと思うのです。

Sdscn2023
しょう油は醤油度が強いからこそ野菜の甘みといい感じに馴染む。

Sdscn2019
塩もバランスがいい。

 

Sdscn2015

次は、みそか、辛いのか。

 
 

どちらも、モツにはかなりマッチしそうだ。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

したっけの。

フォト

twitter

  • twitter

写真部


2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ