« トースト・コーヒー・カレーライス | トップページ | Story - 物語があると欲しくなる »

Design - デザイン ハイコンセプトに思う

この間、読んだ「ハイコンセプト」

そこでコレからの時代により重要になって来る要素として【デザイン】をあげていました。

私の仕事の中で切っても切れない物でもありますし、広告デザイン協議会での活動や他のデザイナーと呼ばれる人達との交流を通して様々な角度からデザインを見る機会があります。

すなわち、デザインを生み出す視点です。

一方、近代的な生活を営んでいる私達の周りには、商業デザインで溢れています。何か買い物をするにしても、どこかの施設を利用するにしても人工物であれば、デザインされてないものはありません。物を選ぶためにデザインを利用し、物を使うときデザインを利用し、そして使っていない大半の時間はデザインを眺めています。

これは、デザインを消費する視点です。

そして、この間に必ず企業や団体などが入ります。それらは、デザインを発注し、デザインを組み込み、デザインを世に送り出します。

デザインを生み出す側の視点と、デザインを消費する側の視点が上手く交わるところを見つけることでデザインという部分で成功を目指すのです。

 

デザインには幾つかの役割があります。

大きく分けて、

  1. 売るため、告知するための広告に関するデザイン
  2. 使いやすさ、わかりやすさのためのデザイン
  3. 雰囲気や、格好の良さを求めた満足のためのデザイン
  4. 象徴をあらわす、主張のためのデザイン

こんなもんでしょうか。

これらは、クロスし融合しています。

生み出されたデザインから、これらの役割を見極め提供できる企業が生き残っていくのだと思います。

既に、物が余ってきているこの世の中において、消費者の目はシビアです。

デザインの役割一方が立っても、もう一方が駄目ならスグに他のデザインに取って変わられるのです。

もちろん、コレはデザイナーにも言えることで消費者が求める全てをクリアしたうえで、更に越える物を提供したほうが勝ち組となりえます。

 
 
 
 

そこにデザインはありますか?

 
 
 

かっこがいいだけがデザインではありません。

 
 
 

それが売れないのはそのせいかもしれません。

 
 
 
 
 
 
 
 

したっけの。

« トースト・コーヒー・カレーライス | トップページ | Story - 物語があると欲しくなる »

マーケティング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トースト・コーヒー・カレーライス | トップページ | Story - 物語があると欲しくなる »

フォト

twitter

  • twitter

写真部


2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ