« 自由業だから出来る事 つかのまの・・・ | トップページ | 企業のウェブサイトで困ってしまうことランキング »

Webコンサルタントという選択

080703_175201

そのゴールドの表紙と、題名に引き寄せられるように手にした一冊の本。

「Webコンサルタント」という選択

最近、制作に追われて自分が目指している場所を見失いそうになっていました。

制作会社などいくらでもいる。

成功していくためには、他とは違う何かを作り出さなければと思っています。

その一つが自分の中ではコンサルティングという分野。

ホームページを欲しい人が求める事。

それはそのホームページを使って成功する事です。

実際、ホームページがツールでしかなく、どんな物を作ったかも勿論大切ですが、どう活用し活かしていくかもっとも重要な事です。

本当はその部分にお金をかけなければならないのに、作ったことに満足してしまうのが大半です。

それをクライアントに理解させるところから始めなければならないのが大変ですが、それはやる価値が十分にある事。

この道が進むべき道と再確認です。

 

さて、この【「Webコンサルタント」という選択】という本、目新しい事は特にない内容なのでWEB業者の人には物足りないと思いますが、会社のホームページ発注しなきゃならないんだけどどうしようかなんて所にはオススメです。

 

帯にある、

「拝啓、社長、ウェブ担当者様。

その業者は、本当に御社の見方ですか?」

身に沁みます。 

 
 
 
 
 

Web屋が目指すべき所の分かれ道。

 

 

 

まずは自分のブランディングから。

 

 

 

もっと勉強しないとね。

 

 

 

 

がんばりましょ。

 

 

 

 

したっけの。

« 自由業だから出来る事 つかのまの・・・ | トップページ | 企業のウェブサイトで困ってしまうことランキング »

マーケティング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自由業だから出来る事 つかのまの・・・ | トップページ | 企業のウェブサイトで困ってしまうことランキング »

フォト

twitter

  • twitter

写真部


2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ