« 道東の旅 | トップページ | 川湯温泉にて »

足寄動物化石博物館にて

Dscn0307

ゴールデンウィークの道東の旅にて、川湯温泉に行く途中、足寄動物化石博物館へ行きました。

 

1976年足寄町の茂螺湾で最初の化石が発見され、その後町民を巻き込み化石発掘が盛り上がり、今から10年ほど前に展示・研究施設として建てられたそうです。

 

ナカナカ素敵な施設で、化石好きの息子も大喜び。

 

更に、巨大な鯨の骨格標本などもドーンと飾られ結構な迫力です。

 

Dscn0311

 

旭山動物園もそうですが、本物を見せる事の魅力は利益優先ではないからこそ醸しでる物なのかもしれません。

 

さて、満足度も高く、どこぞの税金無駄遣いの公共施設に比べると文句のつけどころもも無いのですが、私の勉強のために、もっとこうだったらドウでしょうと考察してみます。

 

展示室は、いかにも公共の博物館的な大部屋に沢山の展示物が並べられているのですが、これでは見学者は眺めるだけ、終いには大きな鯨の骨格標本に目を奪われ他の物の印象は余りなくなってしまうでしょう。

 

出来れば、狭い展示通路として順路をつくり、町ぐるみの発掘の歴史や化石・標本を時系列に見れるようにして、順番に見ればなんとなく勉強になっちゃうぐらいだといいじゃないかと思いました。そして、最後に鯨の標本ドーンでキメです。

 

折角、いい物や歴史があるのだから、もっと外から来る人にも理解してもらえるといいのになと思ったのでした。

 

Dscn0325

骨と金属のコントラストってアートだ。

なんて思ったのは私だけでしょうか。

« 道東の旅 | トップページ | 川湯温泉にて »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182135/41126091

この記事へのトラックバック一覧です: 足寄動物化石博物館にて:

« 道東の旅 | トップページ | 川湯温泉にて »

フォト

twitter

  • twitter

写真部


2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ