« ホームページの写真は大切です | トップページ | リサイクルショップにホームページはいりません »

未承諾広告※

相手に飛び込みで売り込みのメールを出す場合、件名の先頭に「未承諾広告※」と一言入れなければなりません。

入れなければ、「特定電子メールの送信の適合化等」に関する法律に違反する事になります。

最近は、更にオプトイン方式(許可式ということ)の法律化も検討されています。

さて、この事踏まえまして。

私のクライアント宛に、他のホームページ業者から売込みのメールが送られてくる事があります。

しかし、あるメールには「未承諾広告※」という一言がありません。

送り主は、旭川市内でも有名なWEB専門業者です。

正直、何やってるんだかと思います。

以前、どこかで私と名刺交換したグラフィック&WEBの会社が勝手にメールマガジンを登録してスパムメールマガジンを送ってくるという事を書いたのを思い出したのですが、市内の同業者は私にネタを提供してくれる所が多いようです。

法律以前の問題として、知らないところからの売込みオンリーのメールには効果が無いどころか、逆効果であることは明白です。

特にメールという手段は、簡単に利用できるが、伝える事が難しいツールですので気を付けたいですね。

 
 
 

それにしても、ホームページを作ってさほど経たない所に送ってくるのをみると、私の作ったホームページなどどうにかなるとでも思っているのか。それとも、ただ無知なのか・・・一社員が勝手にやっているのか、それとも会社の方針なのか・・・

目標にしていた会社だけにちょっとガッカリでした。

 
 

さて、どうしたものかのう。

« ホームページの写真は大切です | トップページ | リサイクルショップにホームページはいりません »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ホームページの写真は大切です | トップページ | リサイクルショップにホームページはいりません »

フォト

twitter

  • twitter

写真部


2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ