« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

想い

友達が死んだ。

起業家でお店を持つことの大変さを教えてくれたアイツ。

アイツはネットショップの事を教えてくれ、アイツに技術的なことを教えた。

アイツが残した仕事は無駄にはさせない。

自分には何が出来て、本当はどう思っているのかずっと考えている。

まずは、自分の想いの整理だ。

WEB2.0に学ぶ事

グーグルが増収増益を発表した。

グーグルは無料の新しいサービスをドンドン提供し、広告出稿の料金で成り立っている。しかも、他のメディアの様な多額な広告ではなく、1クリックいくらという小さな単位の広告料金が大量に積み重なって、アレだけ大きな利益を上げているわけです。

地図を提供するグーグルマップやアクセス解析のグーグルアナリティクス、大容量メールのGmailなど、正直無料で提供していいのか?っていうサービスが沢山あるです。

これらは、今までは(いまでも)有料で提供されていたのが普通であり、それを有料で提供する事を事業としている会社が沢山あるのです。

無料や低料金で、情報やサービスを提供し広告料金で儲けるというビジネスモデルは、ずっと昔からあったものですが、チョットした視点の違いでしかないのではないかと思うのです。

でも、それが難しいんですがね・・・

いまさらスープカリーかよ

今日は仕事仲間と富良野へ物件の撮影へ。

その帰り、仲間の一人の勧めで旭川市内のラマイというスープカリーの店に行きました。

午後1時30分ぐらいに行くも満席で少し待たされる。(旭川では珍しい)

ここの社長さんがしょっちゅうバリに行き、スパイスの勉強も怠らないらしいです。

スパイスの調合は社長さんしかできないとの事。

Photo_2 そのこだわりは納得の味。少し辛かったですが・・・

そして、お店に置かれたバリの置物。雰囲気作りも抜群です。

抜かりのないこだわりは必ずお客様の心に届きます。

それがイメージ出来なかったり、コストやらなんやらで安っぽくなってしまってる店が多いと思うのです。

もったいないです

Photo 先ほど知人に頂いたスイートポテトを家族で頂きました。

帯広のクランベリーというお菓子屋さんのだそうです。

まあ、何が凄いってその大きさです。比較に十円玉置いてみたのですがどうでしょうか。

大き目のサツマイモを半分に切った皮を器に使う大胆さ。どちらかというと、スイートポテトというより、焼き芋間違って焼いちゃったのという雰囲気。

Photo_1スイートポテトをそういう単位で食べた事がないので、コレが他のスイートポテトと比べてどうなのかという事がさっぱりわからないのです。きっと、それがこの商品の強みなのでしょう。食べる雰囲気が焼き芋をムシャムシャ食べるような感覚ですから、焼き芋食べる感覚なら、凄く美味しく感じるのです。

サツマイモ自体、北海道産はありえないわけで北海道らしい物ではないのですが、非常に面白い!コンセプトの勝利です。

しかし!名前がスイートポテトでは、そのままやんけ!もったいない・・・

ホームページもないし。

ブランディングをキチンとすればヒット商品になるかもしれませんね。

もったいない・・・

私が、ブランディングからWEBプロモーションまでやりますから・・・帯広出張しますから・・・なんて見てるわけないですね・・・帯広遠いしな・・・

何かグルメブログも面白いかと思ったのでした。

また、食べたい・・・

朝のヒトトキ

Fukinotou 旭川もやっと春だなって感じです。

さて、先週から健康のために(どちらかと言うと精神的な)、時間を作って散歩するようにしています。

歩きながら考えるといつもとは違う気づきがあり非常にいい感じです。

さて、今日のお昼はいつもお世話になっている異業種のランチミーティング。

また新しい展開に期待しつつ今日も行ってきます。

疲れます

今日はネットショップを始めたいというクライアント向けにプレゼン企画書を作る。

オリジナルのショッピングカートか、レンタルカートを考えていたのですが、オープンソースのプログラムでもいいかな~と思い立ち、資料を仕入れに本屋へ。

新しい技術が次々出てくるので、常に先端を追っていなければいけない因果な商売です。

その為に、資料にする本の数がドンドン増えていきます。

ネット上の知識でも事足りたりするんですが、本で手元にある方が安心するのでまず本を買います。

なるべく仕事の幅を狭めているにも関わらずこのざまです。

だから、IT関係の人は狭くて深い知識の人が多いのだと思います。

これほど細分化された業種は無いはずです。

でも、田舎なのである程度何でも屋になる必要に迫られます。

だから、田舎でITでSOHOって大変だなって思う今日この頃です。

愉快な仲間たち

昨々日は毎月参加している異業種の例会に出席

たいした飲んだ記憶もないのですが、昨日は少しグロッキー気味。

打合せ以外の仕事が余り進まず反省の日でした。

さて、2次会の場では偶然にも、業種のあまり重ならない30代の起業家が集まり盛り上がりました。

このメンバーで協力したら何か出来るよね。

人を感動させられる仕事がしたいね。

じゃあ、あんな事やこんな事が出来るんじゃないと。

と言う話で盛り上がり、飲み会の話だけで終わるのはもったいないので昼間集まる事に。

きっと面白い事業が出来そうです。

みんな忙しいはずなのに、前向きで、篤くて、クリエイティブで、愉快な仲間たちに今日も感謝です。

出逢い

先日、最近仕事をもらっている人と地方へ打合せへ・・・

帰りに「これからある人に会うから一緒に行くか?」というので、そういうことには遠慮のない私は二つ返事で会うことに。

その人は、娯楽施設事業で起業を目指して動いているらしい。

いろんな人がいるもんだと感心。

ロゴデザインと名刺デザインをする話になり、仕事を頂く事に。

だんだん自分の行きたい方向へ向かっているので仕事が楽しい。

また新しい元気を頂きました。

出逢いに感謝です。

見た目

01010001ホームページにしても、印刷物にしても見た目、特に使われる写真が非常に重要です。

特に物販の場合、写真の出来が明暗を分けると言っても過言ではありません。

ホームページでは、なかなかコストをかけられる部分ではない為、私は自分で撮影します。

テーブルを片付けて、DIYのスクリーンを組み立てて、照明機材を組み立てて、部屋を暗くして、いざ撮影・・・何百枚も撮影して使えるのはほんの数枚。腕が未熟なので仕方ありません。

新たなる一歩として

4月という事でブログの題名変えてみました。

最初は仕事関連の情報を伝えようとしたものの、そんな事はホームページに任せればいい事に気づき、何となく更新もおろそかになりがちになっていたので、コンセプトを変えるために心機一転、題名を変えました。

さて、今日は印刷屋のM氏と和寒へ、ブランド構築のためにキャラクターデザインとパッケージデザインの打合せへ。

もう少ししたらホームページも手がける話になっているのだが、ブランディングがうまくいかないと成功への道は遠いもの。

札幌での販売の話が持ち上がり、ブランド構築最優先することになった。

ホームページだけではなく、マーケティングに関する様々な事を手がけるのは、非常にワクワクする体験だ。

自分の仕事は只の物売りではない、クライアントの成功がなければ、自分の成功はありえないのだ。

自分のクライアントの顔色を見ることが大切なことではなく、末端にいるお客様に喜んでもらう事がもっとも大切なことです。この前提にない仕事はしたくない。

全ての段階の人が喜べる仕事をしなければ、企業は歪みなく成長する事は出来ないと思う。完璧は到底無理だけど、少なくともそれに向かって努力すべきだと思う。

もう少しで起業一年。

自分はまだどの道を歩くか選んでいる途中。

まだ、結果はついてこず想い先行で行動あるのみの日々。

少しづつかみ合いはじめた歯車を今は一生懸命回すだけ。

フォト

twitter

  • twitter

写真部


2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ