« 日焼けが・・・ | トップページ | 久しぶりに更新 »

マイクロソフトの二番煎じ戦略

先日、米マイクロソフト社がZuneブランドの立ち上げを発表した。

現在、市場は音楽配信・管理ソフトとしてはiTuneが相当のシェアがあり、プレイヤーなどのハード面は各社がしのぎを削っている状態です。

iTuneは私も使っているのですが、アップル社より無料で配布されており、MP3へのエンコーディングが簡単である、曲の管理がしやすいなどの面から発表から順調にシェアを伸ばしていきました。ソフト上から曲の購入が簡単ですし、ティーンエイジ向けに決済手段を簡単にするためか、コンビニでiTune用のプリペイドカードも買えてしまうというよく考えられたシステムになっています。

さて、そのすでに成熟されつつあると思われる市場へのマイクロソフトのいまさらの参入です。ちょっと時期が遅すぎたのでは?と、普通の企業であれば二の足を踏みそうな状況です。しかし、マイクロソフトは今までもウインドウズOSの半独占という状況をたてに、今回と同じような状況を打破してきました。ワープロソフトは一太郎からワードが奪い、ロータスはエクセルに、ネスケはインターネットエクスプローラーに、パワーポイント、メディアプレイヤーしかりです。

でも、今回の相手はアップル。イメージやかっこよさの求められる業界、しかもクリエイターと呼ばれる人たちの大半はアップルびいきです。果たしてこの状況でマイクロソフトはどういう手でくるのか?携帯プレイヤー&音楽配信をめぐる各社の争い、色んな業界を巻き込むと思われる今回のプロジェクト。おもしろい事になりそうです。

« 日焼けが・・・ | トップページ | 久しぶりに更新 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182135/11085724

この記事へのトラックバック一覧です: マイクロソフトの二番煎じ戦略:

» Zuneの評価はソフトウェアがカギ? [corns blog]
MicrosoftがiPodに対抗するプロジェクト「Zune」を発表した結果、i... [続きを読む]

« 日焼けが・・・ | トップページ | 久しぶりに更新 »

フォト

twitter

  • twitter

写真部


2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ